サイト内コンテンツ案内
1. おでこのニキビは何で出来るの?
2. ニキビケアおすすめ化粧品ランキング
3. ニキビが治らないのは何で?
4. 思春期ニキビの治し方
5. 頬ニキビが出来る理由とは?
6. ニキビ予防で一番大切なこと

ニキビ 治らない おでこ

/おでこのニキビは何で出来るの?/
 若い方は、おでこや頬にニキビが突然出来ることも多く、見つけた時は暗い気持ちにもなりますよね。ただ、元をたどれば、ニキビはきちんとした原因と理由があって出来るものです。ですので、その原因と予防法を知っていれば、突然現れてしまったとしても慌てずに治していく事も出来ます。
 ニキビの原因は、毛穴に詰まって行き場のなくなった皮脂や角質の塊が、アクネ菌の繁殖で炎症を起こす、皮膚炎のひとつです。放っておけば、症状も重くなり治すのにも時間がかってしまうため、見つけたらすぐにケアをすることが必要です。また、ニキビには白ニキビ黒ニキビと言った、見た目や症状の進み具合でいくつか種類があり、赤みを帯びたものは、炎症が進んでいる赤ニキビに分類されます。この赤ニキビは、初期段階の白・黒ニキビから更に悪化したものなので、初期段階の内に手を打つことがポイントです。

 

/ニキビケアおすすめ化粧品ランキング/
 若い方は体の成長に合わせて、体内のホルモンバランスが変化することによって、皮脂の分泌量が増えていきます。特におでこは、皮脂が出やすい場所でもあるので、あでこニキビは思春期ニキビの代表とも言われます。ただ、出来やすい一方、成長期で体の代謝も活発なので、きちんとしたケアを続けてあげれば、すぐ治ってしまい易いという面も同時にあります。治す時や予防のポイントは毎日の洗顔と保湿です。ここでは、比較的試しやすくて人気のニキビ専用ケア化粧品を、価格の安い順にご紹介しています。ニキビについての治し方と予防法が詳しく説明されているページもありますから、ぜひ参考にしてみてください!

ニキビ 治らない 思春期

/ニキビが治らないのは何で?/
 独自にケアや予防をしていても、なかなか思うように治らない場合は、間違ったケアを続けていないか、そもそもニキビが出来やすいお肌や体質になっていないかを見直す必要があります。ニキビケアは、毎日のこまめな洗顔と保湿が基本です。洗顔のやり方は、泡立ちのいい洗顔料で泡で包むように洗います。このとき、汚れをこすって落とすのではなくて、泡で吸い上げるイメージで丁寧にゆっくり洗います。次に保湿ですが、これは洗顔から5分以内に行います。直接手で問題ないので、化粧水を手に取り、肌にゆっくりなじませるように優しく塗りこんでいきます。最後は乳液などを使って、 更にお肌にフタをすると水分をキープ出来ます。
 洗顔の時に、無理に強く肌をこすったり、ひっかいたりするのはNGです(潰すのはもっと厳禁です)。ニキビ中の時は、特に丁寧なケアをこころがけてください。また、おでこに何度もニキビが頻発する時には、髪の毛がいつもおでこにかかっていないかも確認します。シャンプーの洗い残しや、整髪料の落とし忘れなども、場合によっては治りを遅くしたり、肌荒れやニキビの原因になります。

 

/思春期ニキビの治し方/
 ニキビが出来てしまう原因には、ホルモンバランスの乱れからくる皮脂の過剰分泌か、肌の乾燥による皮脂や脂の分泌と放置があげられます。思春期ニキビの場合は、前者が大きな原因として考えられますが、その他にも、偏った食事や睡眠不足など、生活の乱れや体調不良が理由になっていることもあります。また、運動した後の汗をそのままにして乾燥を放置してしまうなどにも気をつけてください。
 もともとお肌には、ターンオーバーと言って新しい肌細胞へ自然に生まれ変わる機能が備わっています。ニキビが出来てしまう時は、その本来の機能が崩れてしまっている証拠とも考えられます。このターンオーバーは約28日周期とも言われ、睡眠時に最も働きます。なので、しっかりと洗顔と保湿をしてあげた後は、ぐっすりと眠りましょう。お肌(ニキビ)が回復しやすい肌環境をキープすること、紫外線など過度な刺激を避けて、ビタミンCを多く含む食べ物などで体調をよくすること。これらを同時に行う と、治りも早くなりニキビも薄く目立たなくなっていきます。

ニキビ 治らない 頬

/頬ニキビが出来る理由とは?/
 ここでは、頬のニキビが治らない場合についてご紹介してみたいと思います。頬ニキビの場合は、思春期ニキビでも大人ニキビでも、急に出来てしまうことがある場所です。どちらの場合にも、まず原因として考えられるのが、お肌の乾燥です。上の部分でも紹介したようなやり方で、洗顔と保湿を徹底して行ってください。片方の頬にだけ毎回出来てしまうような場合は、寝具の汚れ(雑菌の繁殖)なども考えられます。枕やシーツを清潔なものに取り替えるなどして、普段自分がどんな風に寝てるかを少し振り返ってみましょう。
 もし、ニキビが出来たり治ったりを繰り返してしまう場合や、赤ニキビが顔の複数の箇所にあるような場合は、思い切って皮膚科を受診してみるのも良いと思います。その場合、専門医に診てもらえますし、専用の治療薬(外用薬や内服薬)を処方してもらえます。ニキビが原因ではなく、アレルギー性の疾患だったと判明する方も中にはいます。受診する場合は、一般的な診療であれば、5千円以内に収まることがほとんどです。ニキビを専門に診てくれるクリニックや医院も増えていますから、気になる方は近所に皮膚科病院がないか調べてみてください。

 

/ニキビ予防で一番大切なこと/
 ニキビは、悩んでいる方が多い反面、普段正しい知識を得る場面も少なく、正しいケアや予防法を知りにくいところもあります。大切なのは、毎日しっかり洗顔と保湿をしてニキビが出来にくいお肌を保つことと、ニキビについてきちんと理解することです。既にニキビが出来てしまっている方であれば、上でも少しご紹介したような、ニキビケア専用の化粧品を試してみるのも良いと思います。その場合は、肌のターンオーバー(28日周期)を意識した毎日のケアをしばらく続けながら様子を見て、それでもなかなか改善が見えてこない場合には、皮膚科を受診することをお勧めします。
 ニキビは、一度出来て治った後もニキビ跡が残らないように、お肌を毎日お手入れしいく必要があります。ニキビ跡にも、色素沈着や赤い色が出てしまう場合などがありますから、気は抜かず毎日ニキビケアを続けて行きましょう。その場合は、虫歯の予防に歯磨きするのと同じく、習慣化してしまうのが一番の方法です。小さな積み重ねが、お肌に大きな違いを生みます。少し ずつでも良いので、ニキビをよくしていきながら素敵な毎日を過ごしましょう♪