当サイトコンテンツ案内
1. ニキビはそもそも何で出来る?
2. ニキビとニキビ跡の違い
3. 顎にニキビが出来てしまった時の対処
4. ニキビやニキビ跡を効果的に治す方法とは?
5. 皮膚科でニキビを診てもらうと?
6. ニキビケアのやり方とコツ

ニキビ 治らない 顎

/ニキビはそもそも何で出来る?/
 ニキビは、アクネ菌の繁殖で炎症を起こすことが関係していますが、元をたどっていくと、毛穴の詰まりに行き着きます。お肌には本来、余計なものを体の外へ排出させながら、新しい細胞に生まれ変わるサイクル(肌のターンオーバーと言います)がありますが、何らかの理由で、そのサイクルが乱れたりうまく働かなくなったりすると、皮脂が毛穴の中にずっと溜まってしまったり、肌荒れなどを引き起こします。そこに、アクネ菌が結びつくと炎症を起こし始め、やがてそれが一般的にもよく知られている赤ニキビになっていきます。このアクネ菌は、皮脂や古い細胞の角質を好むため、毛穴の詰まりを放置すると、それだけニキビになりやすい環境を作ってしまうことにもなります。一度炎症を起こすと、なかなか治りも遅くなるので、見つけたら早めに手を打つのがポイントです。

 

/ニキビとニキビ跡の違い/
 実は、炎症を起こす前の状態のものであっても、ニキビと呼ぶことがあります。それが白ニキビ黒ニキビです。これは、先程ニキビが出来ていく過程の中でもあった、毛穴に溜まった皮脂が、肌表面に白く浮き出た状態のもので、時間が経って黒く変色する場合もあります。これは、赤ニキビ(炎症が起こり始めたニキビ)になる一歩手前の状態です。毛穴の詰まりを防ぐのももちろんですが、酷くなる一歩手前の状態のこの白 ニキビや黒ニキビを、いかに早く食い止めて治してしまうかも、ニキビ対策のひとつになります。
 ニキビは治った後でも、お肌にダメージが残ってしまうと、黒ずんだシミのようなものだったり、赤い斑点のようなニキビ跡が残ることもあります。これは、ニキビによるダメージで生まれたメラニンなどが原因ですが、ニキビ跡は一度出来てしまうと、消したり目立たなくしていくのには、時間がどうしてもかかります。毎日のニキビケアでお肌をチェックするなどして、お肌の異変にすぐ気付くようにしておくのも大切なポイントです。

ニキビ 治らない 頬 顎

/顎にニキビが出来てしまった時の対処/
 若い頃に出来るニキビ(思春期ニキビ)は、特におでこに出来ることが多いですが、大人になってからでも出来るニキビもあります。思春期ニキビとは対照的に、大人ニキビと呼ばれることもありますが、これはお肌の乾燥によるもの、体調の悪化などからくるホルモンバランスの崩れなどが主な原因です。その中でも、顎(あご)や口周りは、普段から水に触れやすい部分でもあるので、特に乾燥を招きやすいとも言えます。
 肌は、乾燥すると保護しようと脂を出してバリアを張ろうとするため、乾燥の放置は余計な皮脂を生む原因にもなります。皮脂や脂が過剰に出ることで、毛穴の詰まりもそれだけ出来やすくなってしまいます。もし顎や口周りにニキビが出来てしまった場合には、まず乾燥を防ぎましょう。毎日の洗顔後に化粧水でしっかり保湿をし、乳液などを使って更に肌にフタをすると、補給した水分を維持できお肌の乾燥ループを防げます。

 

/ニキビやニキビ跡を効果的に治す方法とは?/
 顎、口周りのニキビは大人ニキビの代表とも言えます。このニキビを予防したり、治していくポイントをご紹介してみたいと思います。ニキビを治す一番のポイントは、洗顔と保湿を念入りに行うのと、睡眠をしっかり摂ることです。お肌のターンオーバーを進めてあげることで、ニキビの回復が進みます。このターンオーバーは、およそ28日周期と言われていて、睡眠時に最も強く働くと言われています。仕事・用事などで忙しくて睡眠を削ったりすると、疲れやストレスも溜まり、ニキビがそれだけ治りにくくなりますし、新しいニキビがまた出来てしまう原因につながります。何度も出来たり治ったりや、なかなかニキビがよくならないなと感じてる場合には、生活習慣を見直すこともとても必要です。ターンオーバーが進みやすいお肌を普段からキープしていけば、ニキビ跡も段々と薄く目立たなくなっていきます。

ニキビ 治らない 顎 皮膚科

/皮膚科でニキビを診てもらうと?/
 独自にセルフケアを続けても、なかなかニキビが治らない場合や、顔のあちこちに点在しているような場合には、皮膚科の受診をおすすめします。治りが遅かったり、何度も出来たり治ったりを繰り返しているような場合、肌環境が大きく崩れていることが考えられるからです。最近では、ニキビ専門に診てくれる皮膚科病院やクリニックも増えてきています。ニキビは皮膚炎のひとつでもあるので、案外安く済ますこともできます(保険適用で初診でも処方薬含めても五千円程度)。皮膚科では他に、ピーリングなどの治療を受けることも出来ますので気になる方は、医師の方と相談してみてください。専門医に診て貰うことで、ずっとニキビだと思って いたものが、アレルギーによる肌疾患だと判明する場合もあります。

 

/ニキビケアのやり方とコツ/
 ニキビケアのコツはこまめな洗顔と保湿ですが、ここではその詳しいやり方についてお伝えしていきます。まず洗顔ですが、これはなるべく泡立ちのいい洗顔料を選び、「泡」で洗顔することを意識してください。具体的には、まず手の平でしっかり泡を作ってから、泡で優しく顔を包むようにして洗っていきます。このとき、肌を強くごしごしこすったりはせず、汚れを泡で吸着させて落とすイメージで洗ってください。
 次の保湿については、洗顔後のすぐ5分以内に行います。手の平で化粧水を少し伸ばしてから、ゆっくりお肌へ塗りこんでいきましょう。乾燥しやすい口周り目元、鼻などは特に念入りに。塗った後、手の平で顔を包んで離した時に、ほっぺが手にくっついてくるのが理想です。これを毎日続けましょう。お肌のターンオーバーを意識しながら、清潔でみずみずしいお肌を維持してあげるのがコツです。