サイト内コンテンツ案内
1. あごのニキビは大人ニキビ?
2. お試しにおすすめニキビケア専用化粧品ランキング
3. 男性ニキビが治らない理由って?
4. あご(顎)にニキビが出来てしまったら
5. 治らないニキビを皮膚科で受けると?
6. あごニキビを作らないポイントとは

ニキビ 治らない あご 頬

/あごのニキビは大人ニキビ?/
  若い時におでこなどによく出来るニキビですが、大人になってからでも、体調の変化や疲れなどで突然出来てしまうことがあります。10代の中高生時に出来るニキビを思春期ニキビ、大人になってから出来るニキビを大人ニキビと呼んだりもしますが、この二つでは出来てしまう理由も異なります。
 思春期のニキビは、体の成長に伴うホルモンバランスの変化で、皮脂の分泌が増えてしまうことが主な理由ですが、大人ニキビの場合は、偏った食事などの栄養不足や睡眠不足、お肌の乾燥によるものがほとんどです。特にあご(顎)や口周りは、胃腸の不調などのサインで現れることも多く、洗顔や保湿でお肌の状態をよくするのも大切ですが、それと同時に、生活習慣の改善なども必要になってきます。普段きちんとお肌のケアをしているのに、なかなか治らないニキビがある場合などは、普段の生活の仕方も改善していくのが大切です。

 

/お試しにおすすめニキビケア専用化粧品ランキング/
 ニキビが治らない時、また、ニキビを予防するために必要なのが、毎日の洗顔と保湿ケアです。特にあごや口周りの部分は、普段水気にさらされることも多いので、こまめに保湿をして乾燥を防ぐ必要があります。ニキビ中の時は、特に普段のお手入れは丁寧に行ってください。ニキビやニキビ跡を消したり治したりするには、お肌のターンオーバー(肌細胞の生まれ変わり)が必要になります。ターンオーバーはおよそ28日周期と言われているので、例えばニキビの治療薬を1回だけ塗って終わりにするのではなく、徐々にお肌の回復が進むように、洗顔と保湿のケアを毎日続けることが大切です。こちらでは、毎日のケアで安心して使える、おすすめのニキビケア化粧品を値段の安い順のランキングでご紹介しています。詳しい洗顔と保湿のやり方を説明しているページもありますので、普段のお手入れ時の参考にしてみてください!

ニキビ 治らない あご 男

/男性ニキビが治らない理由って?/
  男性でニキビに悩んでいらっしゃる方も多いと思います。男性の場合は男性ホルモン(テストステロン)の働きで、皮脂が分泌されやすいのもあり、ちょっとしたスキンケアを怠ったり、ストレスなどでも、あご(顎)部分に突然ニキビが出来てしまうことがあります。口周りもそうですが、あごの部分にニキビが出来た時は要注意です。それは、ニキビの原因が、単純なお肌の乾燥によるものからではなくて、疲れや睡眠不足などからくる免疫力の低下などにより、お肌の環境が乱れてしまっている可能性があります。
 女性でも生理不順(によるホルモンバランスの変化)などで、同じようにお肌にニキビが出来やすくなることがあります。なかなかニキビが治らない、治ってもすぐ出来てしまうの繰り返しの時などは、ニキビになりやすい体質になってると考えられます。この場合は、お肌のお手入れだけでなく、大元の根本的な原因を解消する必要があると言えます。

 

/あご(顎)にニキビが出来てしまったら/
 ここではニキビが出来てしまった時の、具体的な対処の仕方についてお伝えしようと思います。ニキビには、実は症状の進行具合で、幾つかの種類に分けられ、軽いものから順に白ニキビ黒ニキビ赤ニキビ黄色ニキビがあります。もし、赤い色が目立つニキビがある場合は、それは毛穴の奥でアクネ菌の繁殖で炎症を起こしている状態です。この場合はまず、ニキビの薬を使って炎症を止めることが大切です。
 市販されてる治療薬(オロナインやビフナイトなど)で、炎症を止めつつ、毎日洗顔と保湿の両方を続けてください。洗顔は泡立ちのいい洗顔料を選んで、強くゴシゴシこすらずに泡で包むように洗い、洗顔後は5分以内に化粧水で念入りに保湿していきます。化粧水を使う時は、乾燥しやすい部位から全体へと、順に丁寧に塗りこんでください。治療薬を使う時は、このお手入れの後、夜寝る前がおすすめです。寝ている間に、肌のターンオーバーはより強く進むので、より薬の効果とお肌の回復が期待できます。

ニキビ 治らない あご 皮膚科

/治らないニキビを皮膚科で受けると?/
 どうしても治らないニキビがある時は、近所の皮膚科病院で診てもらう方法もあります。元々ニキビは、皮膚炎のひとつでもあるので、皮膚科で診断を受けるのは、ある意味最も適切だと言えるかもしれませんね。ただ、程度や症状がまだ初期状態の場合だったり、出来てるニキビの数が少ない時などは、セルフケアでも十分に改善していくこと出来ます。
 例えば、赤ニキビが顔のあちこちに散らばってある時、ニキビの出来たり治ったりを何度も繰り返してる、こういう場合は皮膚科に行く事を考えてみてください。実際に診断を受けた場合、たいていは治療薬(内服薬や外用薬)を処方してもらえる他、ピーリングなどの、お肌の環境をリセットしてターンオーバーの力を引き出すような治療も受けれます。初診なら、薬代含めて五千円以内で済みますので(ピーリングは2万円程度)、気になる方はチェックしてみましょう。

 

/あごニキビを作らないポイントとは/
 ニキビは元を辿って行くと、毛穴の詰まりから始まります。角栓などで毛穴が詰まると、そこに皮脂が外へ排出されないまま溜まり、そこにアクネ菌が繁殖して赤いニキビになります。アクネ菌は皮脂などの塊を特に好むので、毛穴のつまりを普段から作らないことが、ニキビ予防策につながるとも言えます。また、初期段階の白ニキビや黒ニキビを発見したら、炎症が起きて赤くなってしまう前に、早めに手を打って消してしまうのも大切です。症状が進んで赤ニキビになると、治った後もニキビ跡(色素沈着や赤みが残る)がなかなか治らないで悩む方も少なくありません。
 毎日のこまめな洗顔と保湿で、お肌を清潔にしつつ乾燥を防ぎ、ターンオーバーがきちんと進むお肌の環境を維持してください。また、適度な運動で体の代謝をよくしたり、夏場の紫外線、睡眠不足などにも注意していきましょう。