サイト内コンテンツ案内
1. ニキビってそもそも病気なの?
2. おすすめニキビ予防ケア化粧品ランキング
3. ニキビはどうして出来るの?
4. 男性のニキビが治らない理由とは?
5. 女性でニキビが治らないときは?
6. 治らないニキビの対処法について

ニキビ 治らない 病気

/ニキビってそもそも病気なの?/
 ニキビは、元々は皮膚炎のひとつで、尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)と言います。皮膚の病気ととらえれば、皮膚科などの病院やクリニックで診断を受けるのも、ニキビを治す一つの方法と言えます。ただ、皮膚科の先生も認めているように、自分で洗顔や保湿などのケアをすることで、ニキビを予防したり、出来てしまったニキビの回復を助けてあげることも出来ます。もし、何度もニキビが出来たり治ったりを繰り返している場合だったり、市販の治療薬を使ってもなかなか改善が見られない場合などは、専門の医師の方に診てもらってください。胃腸などの病気や不調などのサインが、ニキビとして現れてしまっている可能性もあります。

 

/おすすめニキビ予防ケア化粧品ランキング/
 出来てしまったニキビを治したり、予防するためには、毎日の洗顔と保湿でニキビケアを続けていく必要があります。ニキビ治療やニキビ跡を消していく場合、最も大切になるのが肌のターンオーバーです。元々お肌には、新しい肌細胞へ生まれ変わっていく機能が備わっていて、特に夜の睡眠中に強く働きます。毎日のお手入れで、お肌を清潔でみずみずしく保ってあげれば、ターンオーバーもきちんと働きやすくなります。ここでは、そんな毎日のお肌のお手入れに使える、ニキビケア専用のおすすめ化粧品を、価格の安い順のランキングでご紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください!

ニキビ 治らない 病気 男

/ニキビはどうして出来るの?/
 ニキビの大元の原因は、毛穴の詰まりから始まります。毛穴の詰まりとは、古い細胞である角質の塊(角栓)が毛穴を塞いでしまっている状態のこと。そこに、皮脂などが溜まってしまいアクネ菌が繁殖すると、やがて炎症を引き起こして、一般的にもよく知られている、赤く腫れた赤ニキビになります。ただ、この赤ニキビにも、初期の段階があって、角質の塊(角栓)が毛穴から飛び出している白ニキビや、それが放置されて表面が酸化して黒く見える黒ニキビなどがあります。
 白ニキビや黒ニキビの場合は、まだ本格的に炎症が始まっていないので、この段階で食い止めてしまえば、ニキビと同じくとても厄介な、ニキビ跡に悩まされることもなくなります。毛穴の詰まりは、肌の乾燥などによる皮脂の過剰分泌などが原因です。睡眠をよく摂り、毎日の保湿などでお肌の乾燥を防ぐことが、ニキビ予防につながります。

 

/男性のニキビが治らない理由とは?/
 男性の場合、男性ホルモンの働きで皮脂が出やすいという特徴があります。ですので、お肌の乾燥だったり、肌荒れを引き起こすような生活習慣や食事などは、ニキビに直接つながる原因になりやすいと言えます。若い頃のニキビは、思春期ニキビとも呼ばれていて、体が成長するにつれての体内のホルモンバランスの乱れが原因です。その一方で、大人になってから出来る大人ニキビは、体調悪化やストレス・お肌の乾燥など、様々な理由が考えられます。
 普段の生活の仕方だったり、睡眠不足などが、ニキビの原因につながってることも多いので、根本的な理由を取り除いてあげないと、治りが遅くなったり、何度も出来たり治ったりを繰り返すことにもなります。口周りや顎(あご)などのニキビは、特に胃腸の不調や病気が原因であることも考えられますので、ケアを続けて様子を見ても改善が見られない時には、病院で見てもらうことをおすすめします。

ニキビ 治らない 病気 女

/女性でニキビが治らないときは?/
 女性の場合、単純なお肌の環境の崩れが理由ではなく、体調悪化や病気などでニキビが頻発して出来てしまうことがあります。よく知られている病気のひとつに多嚢胞性卵巣症候(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)があります。これは、若い女性の生理不順では多くみられる病気で、ニキビが出来やすくなることの他に、生理に異常がみられたり、頻尿でトイレが近くなる、男性ホルモンの分泌量が増えて多毛などの症状が出る、などがあります。ニキビ治療薬を使ったり、直接皮膚科での診断を受けても、ニキビを繰り返したり治らない場合には、一度、婦人科で診て貰うことも考えてみてください。他にも、アレルギー性の疾患が原因であるケースも中にはあります。

 

/治らないニキビの対処法について/
 ここでは、出来てしまったニキビを治して行く方法と、予防法についてご紹介してみたいと思います。ニキビには毎日の洗顔と保湿が基本になります。赤ニキビが出来てしまった場合には、ビフナイトやオロナインなどの、市販の治療薬を使う方法がありますが、その際には、一度洗顔と保湿を行った上で、夜寝る前に薬を塗ってください。睡眠中に肌のターンオーバーも進むので、より早くニキビの回復が期待出来ます。
 ニキビ肌中の時は、特に丁寧な洗顔と、念入りな保湿をこころがけて下さい。洗顔するときは、ゴシゴシせず泡で全体を包むように洗い、その後5分以内に保湿で、失われたお肌の水分を補給しましょう。美容液や乳液を使ってフタをするなどすると、補給した水分をキープできます。このケアを続けながら、大人の方なら生活習慣にも気を配ります。偏った食事や睡眠不足、便秘などは肌にも大敵です。生活習慣の見直しで、ニキビになりにくお肌をキープすることも大切なポイントです。