当サイトコンテンツ案内
1. セルフケアで治らないニキビを治す方法とは
2. 大学生におすすめのニキビ予防化粧品
3. そもそもニキビはどうして出来る?
4. 頬ニキビが治らないときは?
5. おでこニキビの原因とは?
6. 治らないニキビの対応策って?

ニキビ 治らない 大学生

/セルフケアで治らないニキビを治す方法とは/
 大学生になると、就職などの面接やサークル・合コンなど、人と接する機会も増えてくると思います。気になる異性がいたりする時、ニキビがあるかないかで見た目や印象も変わるので、気になってしまいますよね。既にニキビで悩んでいる場合は、まず普段のケアの仕方を見直すことから始めてみましょう。ニキビには、炎症が進んで赤い色を帯びた赤ニキビ黄色ニキビ、腫れや膨らみが目立たない初期の白ニキビ黒ニキビがありますが、ニキビを治す一番のポイントは、正しいケアの仕方を知って毎日ニキビケアすることと、肌のターンオーバーを進めてあげることです
 お肌には本来、新しい肌細胞へ生まれ変わる能力が備わっています。なかなか治りが見られなかったり、新しくニキビが出来てしまう場合には、この本来のチカラが損なわれていることが考えられます。そのために、正しい洗顔と保湿をこまめに続けて、かつ睡眠を十分に摂ること(お肌の再生は睡眠中に最も働きます)で、肌の自己治癒能力を高める必要があります。

 

/大学生におすすめのニキビ予防化粧品/
 お肌のターンオーバーはおよそ28日間周期とも言われ、赤く目立つニキビを治していくば場合には、ゆっくりでも着実にお肌の再生を進めてあげる必要があります。また、初期段階のニキビを見つけて症状がそれ以上酷くならないよう、予防ケアを毎日続けていくことも大切です。これは、一度出来てから治った後のニキビ跡のケアにも言えることで(ニキビ跡もターンオーバーが進めば自然と薄くなっていきます)、やはり長く続けていく必要があります。毎日のケアに使うものだから、ちゃんとした化粧品を選ぶのも大切なポイントです。ここでは、そんな普段のニキビケアに使える人気の専用化粧品をご紹介しています。大学生にも手が届きやすい、値段の安い順ランキングになっていますので、参考にしてみてください!

ニキビ 大学生 頬

/そもそもニキビはどうして出来る?/
 ニキビは、毛穴に詰まった皮脂や角質などの塊に、アクネ菌が繁殖して炎症を起こすことで現れます。炎症が進めば赤い色も目立ちはじめ、かゆみや痛みを伴うこともあり、悪化する前に症状を食い止める必要があります。もともと毛穴の詰まりは、肌の乾燥だったり、10代で成長期の方特有の皮脂の過剰分泌で引き起こされやすくなります。普段から、毛穴の詰まりを防ぐこともニキビ予防につながります
 10代の中学生高校生の頃に出来るニキビを思春期ニキビ、体の成長が止まってから出来るニキビを大人ニキビと呼ぶこともあります。ただ、どちらも同じように見えても、出来てしまう原因は少し違ってきます。思春期ニキビなら、まだ若くて体の代謝が活発な分すぐに治ってしまう事も比較的多いですが、大人ニキビの場合は、原因が生活習慣に直結していることも多いため、治癒までには少し時間がかかりがちになります。

 

/頬ニキビが治らないときは?/
 頬に出来るニキビは、主にお肌の乾燥が原因のひとつとして考えられますが、何度も頻発するようであれば、普段使っている寝具だったり、誤った方法でケアを続けてるなど、いくつか理由が考えられます。片方の頬だけに何度も出来るようであれば、汚れた枕を使っていたり、うつぶせになって寝る時に触れるシーツなどに、雑菌が繁殖してることも考えられます。その場合は洗濯や新しいものに取り替えるなどして清潔な寝具を用意してください。洗顔するときに、顔をごしごしこすり洗いしていたり、洗うだけで保湿をせず乾燥を放置しているなども、頬に出来やすくなる理由のひとつです。肌は乾燥すると、バリアを張ろうと脂が出やすくなります。乾燥肌の方は特に、普段から保湿をこころがけて乾燥を防いでください。
 何度も出来たり治ったりを繰り返したり、両頬のどちらにも複数のニキビがある場合は、皮膚科で診てもらうことをおすすめします。ニキビは皮膚炎のひとつでもある為、根本的な原因の解決もより早くなります。専門医に診てもらうことで、直接の原因がアレルギーによる疾患だと判明するケースもあります。皮膚科では、ピーリングなどの専門的な治療法もありますので、気になる方は調べてみましょう。

ニキビ 治らない 大学生 おでこ

/おでこニキビの原因とは?/
 おでこニキビは、中高生で特に出来やすい思春期ニキビの代表とも言えますが、大人になってからでも突然出来ることはあります。考えられる一番の理由は、頬と同じくお肌の乾燥ですが、その他にも、紫外線ダメージによるものだったり、髪の長い方ならずっとおでこに触れていることで、シャンプーや整髪料などからくるものも考えられます。ある日突然ひとつだけ出来たような場合なら、それはストレスだったり体調悪化のサインであることも。疲れが溜まっていたりストレスなどで、口周りやあごにも出来やすいニキビですが、おでこに出る場合もあります。大学生の方であれば、10代の方、既に成人して20代の方といらっしゃると思いますので、それぞれの年齢や普段の生活と照らし合わせて原因を探ってみてください。偏った食事や睡眠不足も、正常な肌のターンオーバーを乱す原因になりますので、毛穴の詰まりが出来やすくなったり、ニキビの治りを遅くしたりにつながります。

 

/治らないニキビの対応策って?/
 ニキビを治す一番のポイントは、肌のターンオーバーがうまく機能するように、お肌の環境を整え維持させてあげることです。また、初期段階のものを早い内から対策を打って悪化を防いだり、大元となる毛穴の詰まりを防ぐなどの予防も、大切なことのひとつです。お肌が新しく生まれ変わるには28日間サイクルなので、およそ一ヶ月かかる計算に なります。ですので、ケアを始めたら途中で止めたりせず、地道に洗顔と保湿を丁寧に繰り返し続けることが一番の近道です。
 ニキビは、若い時にはほぼ誰もが経験する身近な病気(肌疾患)ですが、あまり正しい知識を得る場面は多くないと思います。そのため、時には間違った情報に触れることもあると思います。―例えばニキビは潰した方が早く治る!など(これは絶対にダメです。最悪クレーターのようなニキビ跡がずっと残ることがあります)このため、ニキビについての正しい知識を身につけることも大事なポイントです。治らないニキビはありません。必ず原因はありますし、原因があるから対策や治療法も存在します。ですので、慌てずに出来ることから始めていきましょう。そして、普段からニキビにな りにくいお肌をキープし続けていきましょう。