サイト内コンテンツ案内
1. ニキビが出来てしまう原因って?
2. おすすめニキビ予防ケア化粧品ランキング
3. 治らないニキビを治す方法
4. 鼻ニキビを治療薬を使って治す方法
5. 赤いニキビが治らない時は?
6. ニキビでやってはいけないこと

ニキビ 治らない 鼻の下

/ニキビが出来てしまう原因って?/
 ニキビは若い頃、特に中学生や高校生の時に出来るイメージがありますが、大人になってからでも突然出来ることがあります。若い時のニキビは、思春期ニキビとも言われ、主におでこに出来ることが多い一方、大人になってから出来るニキビは大人ニキビと呼ばれ、頬や鼻など、顔のどの部分でも現れるといえます。出来てしまう原因の多くは、皮膚の乾燥によるものか、体調不良やストレスなどで体のホルモンバランスの乱れから起こることがほとんどです。
 鼻の下や顎(あご)、口周りなどは、特に疲れだったり、体調悪化のサインが吹き出物・ニキビとして出ることも多く、普通にケアをしていてもなかなか治らなかったり、何度も繰り返すことがあります。その場合、お肌がニキビが出来やすい環境になっていると言えますので、普段の食事や睡眠など、生活の仕方も改善していく必要があります。

 

/おすすめニキビ予防ケア化粧品ランキング/
 鼻や頬など、ニキビが出来ないように予防するにも、突然出来てしまった時のケアでも、欠かせないのが毎日の洗顔と保湿です。ニキビが治っていく過程では、肌のターンオーバーが必要不可欠です。お肌には、もともと自然と新しい細胞に生まれ変わっていく機能(ターンオーバー)が備わっていて、ニキビの治りが遅かったり、何度も出来てしまうのは、肌の本来持っているその働きが弱くなってるサインとも受け取れます。ニキビが出来てしまったら、すぐ正しいケアをしていきましょう。こちらでは、ニキビケアでおすすめのニキビ専用のケア化粧品を、価格の安い順のランキングでご紹介しています。ニキビを改善していくには、洗顔と保湿の他にも、十分な睡眠を摂る必要があります。しっかり休息の時間を取り、お肌がきちんと生まれ変わる環境を整えてあげましょう。

鼻の頭 ニキビ 治らない

/治らないニキビを治すには?/
 鼻や顎などの治らないニキビをよくしていくには、正しいやり方でニキビケア(洗顔と保湿)を毎日長く続けていくことと、十分な休息、睡眠が重要です。上のところでもお伝えしていましたが、お肌の再生機能でもあるお肌のターンオーバーは、約28日周期サイクルで、寝ている間に最も強く働くと言われています。
 ニキビは、お肌の毛穴の奥に詰まった皮脂や角質が、アクネ菌などの雑菌の繁殖で、炎症を起こすことで悪化していきます。鼻の頭の部分が、突然赤く腫れるようにニキビが出来てしまうのも、これと同じです。赤いニキビが出来てしまった時は、まず炎症を抑えましょう。ドラッグストアなどで売られているニキビ治療薬などを使って、アクネ菌を殺菌しつつ、炎症をまず抑えて悪化を防ぎ、それと平行して洗顔と保湿を丁寧にしていきます。1日で治らないからといって、お手入れを2、3日ですぐ止めたりせず、少なくともお肌の回復(28日周期)が感じれるまで、根気よくケアを続けることが大切です。

 

/鼻ニキビを治療薬を使って治す方法/
 ニキビ肌中の、洗顔と保湿のやり方をご紹介してみたいと思います。まず洗顔について。洗顔は、泡立ちのいい洗顔料を選び、泡をしっかり作って、顔全体を泡で包むように洗います。肌の汚れを、泡で吸い上げて取るイメージで、やさしく洗っていきましょう。洗顔の後、特に大事なのが保湿です。これは必ず洗顔の後、5分以内に行います。
 保湿は、化粧水を手の平に取り、軽くのばしてから、まず乾燥しやすい部分から全体へと、丁寧に塗りこんでいきます。手の平で顔を包んで離そうとしたとき、肌が手にくっついてくるのが目安です。化粧水の後は、乳液でお肌にフタをするのも効果的です。こうすることで、お肌に補給した水分を維持できます。この一連の流れのケアを毎日続けましょう。もし治療薬を使う時は、洗顔と保湿をした後で。直接指で問題ないので、鼻などのニキビ部分に優しく塗りこんでください。そして薬を塗った後は、ぐっすり睡眠を摂りましょう。

鼻 赤い ニキビ 治らない

/赤いニキビが治らない時は?/
 ニキビと言えば、赤い色したニキビを指すのが一般的で多いと思いますが、他にも幾つかタイプがあります。ニキビは、症状の進み具合や、見た目の色などから白ニキビ黒ニキビ赤ニキビ黄色ニキビ紫ニキビと段々と変化していきます。後ろに行くほど症状が重くなり、それだけ治していくにも時間がかかることになります。独自のケアで治していきやすいのは、赤ニキビまでと言われていて、例えば黄色ニキビが出来ていたり、赤ニキビが顔のあちこちに点在してるような場合には、皮膚科で診てもらうことも考える必要が出てきます。
 皮膚科病院の専門医に診てもらえば、ステロイドなどの専用の治療薬(内服薬や外用薬)を処方してもらえますし、必要であればピーリングなどの治療もして貰えます。ニキビも皮膚炎のひとつと言えるので(治療には保険が適用されます)、気になる方は近くのクリニックなどを探してみてください。最近はニキビ専門のクリニックや医院も増えていて、費用も大体5千円未満で済みます。

 

/ニキビでやってはいけないこと/
 ニキビが出来て治ると、稀に出来るニキビ跡。実は、ニキビはシミや黒ずみ・くすみなどの原因にもなりやすく、一度跡が出来てしまうと、消していくのもなかなか時間もかかって手間もかかります。ニキビのダメージが深刻で、それが真皮層まで届いてしまうと、クレーターのような凹んだ跡になることもあります。特に、慌てて潰したりするのは絶対にダメです。凹んだニキビ跡を作る原因になります。
 もし万が一、ニキビ跡が出来てしまった場合には、特に丁寧な保湿をこころがけて、肌のターンオーバーを意識しましょう。時間が経つにつれ、シミや黒ずみも自然と薄く目立たなくなっていきます。その時は、抗酸化作用のあるビタミンCを含んだ美容液を使ったり、適度な運動で体の代謝がよくするなどが効果的です。十分な睡眠を摂り、バランスいい食事も必要です。普段から、ニキビが出来にくいお肌と体を、心がけていきましょう。