サイト内コンテンツ案内
1. ニキビが治らない本当の理由とは?
2. 頬ニキビにおすすめの専用化粧品ランキング
3. そもそもニキビはどうして出来る?
4. 男性のニキビケアのポイント
5. 口周りや顎ニキビの原因と治し方
6. ニキビ予防で大切なこと

ニキビ 治らない 頬

/ニキビが治らない本当の理由とは?/
  疲れやストレスなどの、体調不良がきっかけで出来ることもあるニキビですが、毎日こまめな洗顔と保湿だったり、十分な睡眠を摂っていれば自然と治っていくとも言われています。もともとお肌には、ターンオーバーと言って新しい肌細胞に生まれ変わっていく機能が備わっています。毛穴の詰まりやニキビにもこれは同様に働くので、なかなかそれが治らない場合には、本来持っている生まれ変わりのチカラが、阻害されたり損なわれていることが考えられます。その原因は、間違ったスキンケアを続けていたり、偏った食事や睡眠不足などの体調不良からくるもの、ホルモンバランスの乱れからくる皮脂の過剰分泌などがあげられます。ニキビが治ったり出来たりを繰り返している場合には、肌環境そのものが乱れていることも考えられます。まずは原因を探ってみて、それから正しいケアをしていきましょう。

 

/頬ニキビにおすすめの専用化粧品ランキング/
 ニキビを治す一番の方法は、きちんとした洗顔と保湿を繰り返しながら、お肌のターンオーバーを進めてあげることです。ターンオーバーはおよそ28日周期と言われていますが、夜間寝ている間に最もよく働くと言われています。ニキビ中の時は十分な睡眠も摂りましょう。こちらでは、頬やおでこのニキビ予防や治すときに最適な、人気のニキビケア専用化粧品を値段の安い順にご紹介しています。ニキビの原因や治し方、普段の洗顔と保湿のやり方など 、詳しく説明しているページも中にはありますので、ぜひ参考にしてみてください!

ニキビ 治らない 頬 男

/そもそもニキビはどうして出来る?/
 ニキビのスタートは、毛穴の詰まりから始まっていきます。本来なら対外へ排出されるはずの、皮脂や古い細胞の角質などが、何らかの理由で外へうまく出れずに溜まることがあります。やがてそれが塊になり、そこにアクネ菌が繁殖したりすると、炎症を起こし始めます。炎症を起こした状態だと赤く色を帯びて腫れていきますが、これが一般的によく知られているニキビ(赤ニキビとも言います)です。他にも、紫外線などのダメージや外部刺激によって、肌の再生機能が弱ったりすることも、肌荒れやニキビを誘発させます。特に男性の場合は、肌の乾燥の放置や男性ホルモンの働きで、皮脂が過剰に分泌されやすいとも言えます。この男性ホルモンは女性にも存在していて、体調の変化によってホルモンバランスの乱れを起こすことも原因のひとつです。お肌の乾燥を毎日の保湿などで防いであげることが、直接ニキビ予防につながります。

 

/男性のニキビケアのポイント/
 男性の方の場合は、特に皮脂が出やすいので毎日の洗顔と保湿はこまめに続ける必要があります。敏感肌の方や、肌荒れを起こしやすい方は、特に念入りに続けましょう。10代の方なら、体の成長に伴い男性ホルモンの働きも活発になるため、特にあでこなどにニキビが出来やすくなります。この頃のニキビは思春期ニキビと言われ、すぐに出来やすい面もありますが、それと同じくらいすぐに治りやすい面もあります。若い頃は体の新陳代謝がよく働くので、きちんとしたケアをしてあげれば、肌のターンオーバーも進みやすくなります。運動する機会の多い方は、額の汗などの放置などによって乾燥してしまうことも避けてください。
 大人の方でも、頬や口周り、鼻などにニキビが突然出来ることがあります。これは、疲れや睡眠不足などの、体調不良のサインがニキビで現れてしまうためです。大人ニキビの場合は、洗顔と保湿することはもちろんですが、ニキビが出来やすい肌になっている原因(食事や睡眠など)そのものを改善していきましょう。適度な運動なども、体の代謝をよくするので、効果が期待できます。

ニキビ 治らない 頬 顎

/口周りや顎ニキビの原因と治し方/
 口周りや顎(あご)部分に出来てしまうニキビは、肌の乾燥によるものと、疲労や腸の不調などの体調面から現れることが多いニキビです。鼻から下の部分は、普段から水にもさらされやすい部分ですので、乾燥を招きやすい面もあります。この部分に出来たニキビを見つけた時は、それが体調不良が原因になっている場合には、なかなか治りが遅いと感じることもあります。もしニキビを見つけた場合には、お肌のケアの他に、睡眠や休息を摂ったり、バランス良い食事で栄養を蓄えるなどの、普段の生活の改善も必要です。
 炎症が始まってしまっている赤ニキビなどの場合は、市販のニキビ治療薬(ビフナイトやオロナインH軟膏など)を使ってみるのもいいでしょう。薬を塗るときは、洗顔ししっかり保湿をした後で行ってください。薬を塗った後は、ニキビ部分がこすれたり髪に触れないようにして、ぐっすり眠りましょう。寝ている間に肌の回復が進めば、たった1日でもニキビの治りを実感できます。

 

/ニキビ予防で大切なこと/
 若い頃に出来る思春期ニキビ、それから大人ニキビにも言えることですが、普段から洗顔と保湿をこまめに続けて、ニキビになりにくいお肌をキープすることが大切です。顔を洗う時は特に、泡立ちのいい洗顔料で泡で優しく洗うことと、その後の保湿をしっかりすることを心がけてください。ニキビには、炎症が始まると赤い色が出て腫れも目立ちますが、アクネ菌が本格的に繁殖してしまう前( 白ニキビ黒ニキビの段階で)に食い止めてしまえば、症状が酷くなることは滅多にありません。そのためにも、ケアは長く毎日続けてください。そうすることで、急な肌の異変にも気づきやすくなります。
 普段から気をつけてニキビケアしているのに、なかなか治らない場合や、頬やおでこなど、あちこちに何個もニキビが出来ている場合は、思い切って皮膚科を受診してみましょう。ニキビは、元々は皮膚炎のひとつでもあるので、専門のお医者さんに診てもらった方が、より早く根本的な解決が期待できます。ピーリングや面ぽう圧出など、幾つか治療法もありますので、気になる方は専門医に相談してみてください。