サイト内コンテンツ案内
1. 口周りのニキビを治すには?
2. おすすめニキビケア専用化粧品ランキング
3. 顎と口周りのニキビの原因って?
4. 基本はこれ!ニキビの治し方と予防法
5. 治らないニキビは薬で治せる?
6. 治らないニキビにもし出会ったら

ニキビ 治らない 口周り

/口周りのニキビを治すには?/
 若い10代の時は何度も出来るニキビに悩む方も多いと思いますが、お肌のケアを怠ったり、体調を崩したりすると、大人でも突然出来てしまうことがあります。特に、口周りや顎(あご)などは、日ごろから乾燥もしやすく、肌トラブルを招きやすいと言えます。また、口周りは疲れや腸の不調など、体調バランスが崩れているサインとしても現れるので、注意が必要です。
 口周り・顎にニキビを見つけた時は、まず体調を整えることから始めていきましょう。適切なニキビケアを続けて、少しずつ治していくわけですが、体調を整えたり肌の調子をよくすることで、より早くニキビも回復しやすくなります。睡眠不足や疲れを放置したままでは、ニキビがすぐまた出来てしまう「ニキビループ」を招いてしまいますので、しっかりした睡眠を摂るなどして体調を戻していきましょう。

 

/おすすめニキビケア専用化粧品ランキング/
 ニキビを治す上で特に大切なのが、しっかり洗顔と保湿をしながらお肌のターンオーバーを進めてあげることです。元々お肌には、新しい細胞へ生まれ変わっていく働きが備わっていて、およそ28日周期のサイクルで生まれ変わると言われています。このターンオーバーが最もよく進むのは、夜寝ている時なので、肌がニキビ中の時は特に、十分な睡眠もしっかり摂りましょう。ここでは、毎日のニキビ予防やケアで使える、人気のおすすめ化粧品を値段の安い順ランキングでご紹介しています。洗顔と保湿の詳しいやり方だ ったり、ニキビが出来る原因を詳しく解説してくれてるページもありますので、ぜひ参考にしてみて下さい!

ニキビ 治らない 口周り 顎

/顎と口周りのニキビの原因って?/
 顎(あご)や口周りのニキビの原因は主に、お肌の乾燥からくるものか、疲れ・体調不良によるものがほとんどです。ニキビは、毛穴の詰まりで、不要な皮脂や古い細胞の角質などが、うまく外へ排出されずに溜まってしまうことがそもそもの原因です。やがてそれが塊になり、アクネ菌が繁殖すると炎症を起こします。炎症を起こすと膨らみや赤みを持つため、この状態のものが、広く一般的にもニキビ(赤ニキビ)としてよく知られています。
 ただ、ニキビと言っても、実は症状の進み具合や見た目の色などで、幾つか段階もあり、それらを早く発見することで、症状が重くなる前に消してしまえる部分もあります。普段から毛穴の詰まりを作らないことも大切ですが、早 い段階でこれから酷くなる前のニキビをすばやく見つけて、手を打ってしまうのも、ニキビを効果的に防ぐ方法のひとつです。

 

/基本はこれ!ニキビの治し方と予防法/
 上の部分でも少し触れていましたが、ニキビを治すときに大切なのが、お肌のターンオーバーです。これは、ニキビが治った後に出来てしまうニキビ跡を消していく時にも必要で、そのためには毎日の洗顔と保湿が基本になります。ケアのコツは、泡立ちのいい洗顔料を選んで、泡で優しく洗うことと(強く肌をこすったりせずに)、洗顔後すぐに化粧水や乳液で保湿して乾燥を防いであげることです。洗顔後は、肌の水分がいったん失われるため、放置すれば乾燥を招き、余分な脂が出やすくなります。冬場など、乾燥しやすい時期は特に念入りにケアしていきましょう。
 肌のターンオーバーには、十分な睡眠も必要ですので、しっかり睡眠も摂ります。軽い汗をかくような運動も、体の代謝をよくしますので効果的です。甘いものの摂り過ぎや偏った食事なども、ニキビ肌を作る原因になります。日ごろの生活の仕方にも注意して、洗顔と保湿を続けながら、お肌のターンオーバーが進みやすい環境をキープしていきましょう。

ニキビ 治らない 口周り 治し方

/治らないニキビは薬で治せる?/
 ここでは、なかなか治らないニキビを、市販の治療薬を使って治す方法をご紹介してみたいと思います。まず、ニキビの治療薬について。近所のドラッグストアなどで、千円程度ですぐ購入出来ると思います。よく知られているものでは、ビフナイトペアアクネクリームオロナインH軟膏などがあります。分からなかったり迷う場合は、店員の方に尋ねてみてください。効能の欄に「にきび」と書いてあればニキビの薬なので、そのまま利用して大丈夫です。
 使い方についてですが、薬を塗る時は一度、洗顔と保湿をしてからが基本になります。また、塗るなら夜寝る前につけるのがおすすめです。睡眠中にお肌の再生も進みますので、起きてる時よりもぐっと効果が期待できます。薬を使う時は、だいたい1週間を目安にケアを続けます。効果が現れ始めたら、炎症の治まったタイミングで薬を塗るのは止めて、その後も洗顔と保湿は続けましょう。逆に、使ってみても改善が見られなかったり、治らないなと感じた時は、使用を中止してください。この場合、ニキビとは別の原因も考えられますので、皮膚科の専門医に診てもらいましょう。

 

/治らないニキビにもし出会ったら/
 ニキビはもともと皮膚炎のひとつでもあり、最初から皮膚科で診てもらう治し方もあります。最近は、ニキビ専門に治してくれる皮膚科医院やクリニックも増えてきてます。保険も適用されるので、治療代も比較的安くできます。ただ、赤くなる前の、白ニキビや黒ニキビであれば、自分でお家で治していくことも十分可能ですし、赤ニキビの場合でも、少し時間はかかりますが、改善していくことは出来ます。その時は、毎日ケアをこまめに続けながら、お肌の再生がよく進む肌環境を整えることを意識してください。
 一番厄介なのは、お肌の環境が崩れたまま、何度もニキビが繰り返してしまうことです。どうにもならないと感じたら、すぐ病院で診てもらいましょう。その方が、根本的な原因を早く解決出来ます。大切なのは新しいニキビを作らないことです。毎日のケアを続けて、ニキビになりにくいお肌をキープしていきましょう。