サイト内コンテンツ案内
1. おでこニキビとあごニキビの違い
2. ニキビケア化粧品おすすめランキング
3. ニキビはそもそも何で出来る?
4. ニキビが治らない原因とは?
5. 大人でもニキビが出来る理由って?
6. どうしてもニキビが治らない時には

おでこ あご ニキビ 治らない

/おでこニキビとあごニキビの違い/
 ある日突然出来ることも多いニキビですが、顔のどこに出来るかはある程度のパターンがあり、それぞれで予防法や治し方も少し異なります。おでこニキビは特に10代の若い方に多い、思春期ニキビの代表格と言えます。これは、成長期によるホルモンバランスの変化によって、過剰分泌される皮脂が主な原因です。おでこはこの皮脂や脂が特に出やすい箇所なので、ケアを怠ると肌荒れやニキビが起こりやすくなります。それに対してあごニキビの場合は、体調不良や腸の不調など、体調の崩れや疲れから出ることも多いニキビです。口周りは乾燥も招きやすいので、乾燥の放置などの原因もあります。
 おでこもあごのどちらも、普段から乾燥を防ぐなどのケアを続けておくことが大切ですが、もしニキビが突然出来てしまった場合には、しっかり洗顔と保湿をこまめに繰り返してあげれば、自然と薄く目立たなくなっていきます。焦ったりせず、少しずつケアを続けてよくしていきましょう。

 

/ニキビケア化粧品おすすめランキング/
 ニキビ予防や治す上でかかせないのは、毎日のこまめな洗顔と保湿です。お肌には本来ターンオーバーと言って、自然と新しい細胞に生まれ変わる機能があります。このサイクルは約28日周期とも言われ、例えばニキビであってもきちんとケアをしてあげれば自然と治っていきます。またこのターンオーバーは睡眠中に最も働くとも言われていますので、きちんとした睡眠も摂りましょう。こちらでは、特にニキビケアで人気のおすすめ化粧品を、値段の安い順のランキングでご紹介しています。そもそもなんでニキビは出来るのか?また、洗顔と保湿のやり方を説明しているページもありますので、よろしければ参考にしてみてください!

おでこ ニキビ 治らない 原因

/ニキビはそもそも何で出来る?/
 二キビのそもそもの原因は、毛穴の奥に詰まった皮脂や古い細胞の角質などに、アクネ菌が繁殖することです。最初は赤みや腫れが出ていなくても、放置したり対策を怠ればやがて炎症を起こし赤ニキビへと成長していきます。これが一般的によく知られている、赤い色味を帯びたニキビのメカニズムです。ただ、この赤ニキビになる前の状態の、毛穴が詰まっている状態のものも白ニキビ黒ニキビと呼ばれることがあります。ニキビは、もし万が一出来てしまっても、炎症が進み赤ニキビになる前までにしっかりケアをしていれば、自然と治りやすい面があります。ポイントは、お肌の異変にすぐ気付くこと。毎日洗顔と保湿を続けて肌をチェックするクセや習慣を身に着けていると、まだ症状が進む前の初期段階から、手を打ちやすくなります。

 

/ニキビが治らない原因とは?/
 上の部分でも少し触れていますが、お肌にはターンオーバーによる自然再生や自己治癒のちからがあります。ニキビが治らない場合は、この本来持っている機能が、間違ったケアによって阻害されてたり、体調不良などの影響で働きづらくなっているのが原因です。また、ニキビと思っていたものが実は、アレルギー性による疾患によるものだった、という場合も考えられます。
 症状が進んでしまった赤ニキビや黄色ニキビの場合、完全に薄く目立たなくしていくには時間が少しかかります。まずはしっかりとした洗顔と保湿を毎日行い、睡眠をしっかり摂ってください。こうすることで、肌が自然回復する肌環境が整い、ターンオーバーが進みやすくなります。特におでこニキビに悩んでる方は、日中の紫外線や、髪の毛が患部に直接触れていないかもチェックします。余計な刺激は、ニキビが治るのを遅らせてしまいます。ニキビを治す上で大切なのは、ニキビについての正しい知識を得ることと、きちんとした予防法・治し方を知って、ニキビケアを続けることです。途中でやめたりせず、ターンオーバーを意識して、お肌のお手入れを毎日続けてください。

おでこ ニキビ 治らない 大人

/大人でもニキビが出来る理由って?/
 ニキビは、若い10代の方の代名詞にもなってるくらいなので、大人になってから出来ることは余りないようにも思えますが、お肌の環境が崩れたりなどすれば、突然出来てしまいがちになります。大人になってから出来る大人ニキビの主な原因は、肌の乾燥によるものがほとんどですが、食生活の乱れや睡眠不足による疲れの蓄積、ストレスなどでも、体調の崩れのサインとして肌に現れることがあります。こちらも、思春期ニキビの時の予防対策と同じく、毎日の洗顔と保湿によるケアが基本です。
 若い頃は成長期でもあるため、体の代謝機能がよく働くのでニキビが出来てもすぐ治った、と感じたりもしますが、大人ニキビの場合は、例えば運動不足などによって代謝が悪くなると、なかなか治りが遅いと感じることも少なくありません。適度な運動で汗をかくことで体の代謝をよくするのも、治し方の中のひとつの方法です。体調が悪いなと感じたら、しっかり睡眠や休息を摂ったり、ビタミンCを多く含んだ果物や食材をすすんで食べるなどしてみましょう。

 

/どうしてもニキビが治らない時には/
 なかなかお肌の改善が見られないな―、と感じる時には、間違ったケアのやり方をしていないかを、一度確認してみましょう。洗顔と保湿の仕方をご紹介してみます。洗顔は、まず、泡立ちのいい洗顔料を選びます。洗う時はまず泡をしっかり作ってから、泡で汚れを吸い上げるイメージで優しく洗います。この時、肌を強くこすったりはせず、包み込むようにして洗ってください。保湿は、化粧水を手の平で少し伸ばしてから、お肌にすりこむようにしてつけていきます。乾燥が気になる敏感肌の方なら、後から更に乳液などを使って、補給した水分をキープさせる意味でフタをするのも良い方法です。
 ニキビ中の時は、特に優しく丁寧な洗顔をこころがけてください。また、無理にニキビを潰したりするのは絶対にNG厳禁です。下手をすると、酷いニキビ跡になって残ることもあります。この洗顔と保湿を毎日繰り返して、ターンオーバーを意識しながら、肌の回復具合を毎日チェックしてみてください。それでも効果が見えない場合には、思い切って皮膚科の受診をおすすめします。その方がより早く、根本的な原因が見つかったり、外用薬などの治療薬を処方してもらえます。ピーリングなど、ニキビ専門の治療法などもありますので、気になる方は調べてみてください。